Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

トランプ入国禁止令に、高裁もひとまずちょっと待った

揉めに揉めているトランプ大統領による入国禁止令だけど、米連邦控訴裁判所(サンフランシスコ高裁)は4日夜に、イスラム教徒が多数を占める中東・アフリカの7カ国の国民や難民の入国を一時禁止するドナルド・トランプの大統領令の一時差し止めを命じたワシントン州シアトル連邦地裁などの決定を不服として、取り消しを求めていたトランプ政権(米司法省)の訴えを却下したわ。

流れとしては:
1/27にトランプ大統領が、シリアとイラク、イラン、スーダンソマリア、イエメン、リビアの7カ国からの入国を90日間禁止する大統領令に署名。
→これを受けて、ワシントン州ミネソタ州が「州の経済や住民に損害を与える」として提訴。
ワシントン州シアトル連邦地裁などが訴えを認め、大統領令を差し止める仮処分を決定。
→トランプ政権(米司法省)は、シアトル連邦地裁の決定を不服として、米連邦控訴裁判所へ取り消しを求める。
→米連邦控訴裁判所は、米司法省の訴えを却下。
→ただし、ワシントン州ミネソタ州に対して5日深夜までにトランプ政権の訴えに対する反論を提出、司法省には6日夜までに入国禁止措置の論拠を説明する文書を提出することをそれぞれ命じる。
→ひとまずまだ審議中ということで大統領令の差し止めが続くことになるから、7カ国の国民や難民はアメリカに入国できる。
→米連邦控訴裁判所が、7日午後(日本時間8日午前)に口頭弁論を開くと伝えた。
控訴裁が地裁命令を直ちに取り消せば、7カ国出身者は再び入国できなくなる。また、控訴裁がシアトル地裁に対し差し止め命令の再審理を求めるケースも想定される。
→最終的には、最高裁までもつれこむか。


ってことね。
もちろんトランプ氏は徹底抗戦の構えよ。
7カ国出身者にとっては不透明な状況が続くこともあって、米国への入国を急ぐ動きも広がっているみたい。

 

一事が万事こんな調子だから、なんか大統領選後に盛り上がったポジティブセンチメントはやや後退の模様。
税制改革とかインフレ投資なんかについても、結局は今年後半から2018年に入ってからようやく合意に至るのでは?なんて言われていて後倒し感は否めないし。。。

 

とりあえず、7カ国に喧嘩を売ったし、中国にも喧嘩売ってるし。
色んな摩擦が出てきそうよね。気をつけないと!

 

 



cozo.jp